川柳織姫吟社 芽柳会

川柳織姫吟社 芽柳会

矢印 文芸等部門  文芸(川柳)

沿革
 1952年1月に川柳織姫吟社を結成、毎月1回定例句会を開催し月刊川柳織姫を発行する。その後、1963年11月に川柳界の新人を発掘育成するため芽柳会を発足する。1970年1月から芽柳会が主流となり月刊川柳「芽柳」を発行し、現在に至る。
 設立当初は、国末康魚宅を例会場とし、昭和52年より織物会館2階、同53年より緑雲会館にて開催。その後、昭和58年から織姫公民館、平成14年より足利市地域福祉会館で行っている。

設立からのあゆみ
1973年5月  栃木県川柳協会の設立に尽力、
          毎年度県内並びに近県各地の川柳結社との親交と各種川柳大会への参加、
         足利市民文化祭及び足利文化協会等への協力と各種文化団体との交流を
         続けている。
1974年    本城雷電神社の例大祭へ奉賛句会を社務所で実施(~1990年)
1982年    国末康魚初代会長が足利市民文化賞を受賞
1985年    国末康魚川柳句集の出版および織姫山頂に句碑建立を記念し祝賀会
1995年      第10回国民文化祭(栃木県開催)にて県内吟社一丸となって協力
     12月   通巻300号記念 川柳大会開催・記念大会誌刊行
         (金子花泉氏による句集の出版、句碑建立祝賀もかねる)
2002年    金子花泉会長が足利市民文化賞受賞
2004年4月  通巻400号記念 川柳大会開催・記念大会誌刊行
         足利文化協会設立30周年記念功労者として朝海正雄氏 表彰
2006年    吟行会の実施(草津温泉)
2007年    国民文化祭文芸祭川柳大会にて常見一蔵氏が特選受賞(福井県)
         中島都登夢句集出版記念祝賀会を市民プラザにて行う
2008年    下野新聞社取材により月例会での句会風景が掲載される
2010年    足利文化協会設立35周年記念功労者として常見一藏氏 表彰
2011年    足利市制90周年記念事業として「足利文芸賞」川柳部門へ応募・審査
2012年8月  通巻500号記念 川柳大会開催・記念大会誌刊行
2015年    栃木県芸術祭文芸賞川柳部門にて清水昭子氏が文芸奨励賞を受賞
2016年    織姫公民館主催の「川柳教室」へ講師派遣し受講者を指導

 平成30年度活動計画
  県内各地で開催される文化祭川柳大会へ参加を予定しています。他に、国民文化祭川柳大会・全国各地で募集している誌上川柳大会等に積極的に応募をして作句の向上と親睦を図るための活動をいたします。又、公民館などでの川柳教室の講師を依頼されており、受講者をこれからの仲間として育成に励みたいと考えております。
  月例会においては当日出題を1題、宿題を4題として、作句時間の縮小分を作句のための勉強会として教材プリントを準備。会員相互の意見交換を図り、技術向上に努めていくことといたします。

矢印 基本情報

団体名 川柳織姫吟社 芽柳会
代表者 朝海 正雄
電話番号 0284-44-0590
会員数 18名
設立年月日 昭和38年11月
備考