(公社)日本水彩画会安足支部足利地区会

矢印 展示部門  絵画(洋画)

沿革
 1959. 4 日本水彩画会安足支部設立
  〃  9 第1回日本水彩画会安足支部展を足利市の織姫公民館で開催。以後、年1回会場を佐野市「船田画廊」と交互に開催
 1966. 9 安足支部展を年2回開催とする
        足利展を9月、佐野展を1月
 1991. 4 日本水彩画会安足支部
        足利地区会を設立
        同時に足利文化協会に加盟
 1995   近県との交流会:日本水彩画展(東京)・群馬支部展(前橋)・上毛支部展(太田)
 1997   研修会:東京都美術館・前橋文化会館等へ見学
 1998   足利市立坂西中学校の美術部生徒と写生会による地域市民との交流
 2000   「織姫水彩サークル」と「みづえ会」へ講師派遣
 2004   千葉支部との合同写生会
       足利文化協会設立30周年記念功労者として、本多敏朗氏が表彰される
 2006   佐野市合併記念葛生展
 2008   那須高原に二泊三日、妙義山に日帰りの写生会
 2009   神奈川支部、千葉支部との三支部合同写生会(三浦半島)
 2012. 8   第101回安足支部展を市民会館展示室で開催し出品者49名、80号~10号の作品92点、盛況
 2014   第8回栃木県四支部合同展に10名が出品(栃木県総合文化センター)
 2015   エスポアール85回展「大泉文化」及び「群馬県立近代美術館」の両公募展に2名が出品
 2016   佐野市葛生町嘉多山公園付近で写生会を実施
 2017   佐野市文化会館にて、小野月世先生(日水常務理事)による日水展応募作品研究会を開催

設立からのあゆみ
 「足利地区会」設立以来、「足利展」は足利地区会が主管し、関係機関の後援を得て開催してきています。足利地区会会員も安足支部の月例研究会や日本水彩画会が開催する写生研究会、中央展等に積極的に参加、出品し、切磋琢磨して研鑽に励んでいます。こうした会員の努力や関係機関の支援により市民の水彩画に対する関心が高まって、第83回足利展では580名の参観者が、第101回展では800名ほどになり、年々増加してきている。市民の関心の高まりに応えるべく、会員も精進して各種展覧会に出品するなど創作活動に取り組んでいます。
 
 平成30年度活動計画
  4月  1日 支部総会風景写生会(佐野市赤見地区公民館)      
  4
月18日~5月17日 支部小品展(吉澤記念美術館)
  5月13日 風景写生会
  6月  3日 静物写生会 (赤見地区公民館)
  6月  8日 第106回日本水彩展見学( 東京都立美術館)
  7月28~29日 人物写生会(赤見地区公民館)
  7月31日~8月4日 栃木県4支部合同展 搬入搬出(栃木県総合文化センター)
  8月19日 石膏デッサン(赤見地区公民館)
  8月31日~9月2日 第113回支部展 搬入開幕搬出

10月 7日 風景写生大会(場所未定)
11月12~13日 支部宿泊写生会 懇親会・研究会実施
12月 2日 静物写生会(赤見地区公民館)
12月 8日 作品研究会・忘年会(弁天食堂)
平成31年 
1月23日~27日 第114回安足支部展(佐野展)(佐野市文化会館)
2月  3日 人物写生会(赤見地区公民館)
2月23日 安足支部役員会
3月10日 風景写生会(場所未定)

矢印 基本情報

団体名 (公社)日本水彩画会安足支部足利地区会
代表者 間宵 勉
電話番号 0284-91-0834 (小林方)
会員数 20名
設立年月日 平成3年4月
備考 連絡先:小林方