足利民謡民舞連盟

矢印 舞台部門  民謡

沿革
昭和45年設立 初代理事長 箕輪廣次氏就任
       加盟団体11団体 会員数600名
       市主催芸能まつり、織姫まつり参加

       同年新規加盟6団体



昭和55年 民謡ブームにのって会員数も
       800名に増加し各町内夏祭り参加
       毎年栃木県民謡連盟主催芸術祭参加
       同年県南四市民謡民舞大会参加



昭和64年 2代目理事長 遠藤源治氏就任
       毎年市民文化祭、民連主催の発表会と年2回大会を実施
       わたらせサマーフェスタ足利まつり等へ参加



平成 6年  両毛五市民謡民舞交流大会結成
       足利市、佐野市、館林市、太田市、桐生市各市の文化協会の共催で実施
       第1回目は足利市当番で開催し現在各市持廻りで実施



平成11年 3代目理事長 中山恒次就任

       会員数は13団体220名、前理事長より引継ぎ毎年市民文化祭、
       わたらせサマーフェスタ参加、足利ミリオン祭り栃木県芸術祭参加


平成17年 市民文化祭に13団体250名が参加、入場者数600名(市民プラザ)

平成18年 市立美術館にて足利民謡を披露(3回)、善意の集いに4団体出演

平成19年 市民文化祭開幕式に毛野民謡クラブ・栄鈴美会が出演(市民会館)
       市民文化祭に11団体200名が参加、入場者数400名(市民プラザ)

平成20年 栃木県芸術祭県南予選会にて会員20名が出場(壬生町)

平成21年  第16回両毛五市民謡民舞交流大会を足利市開催、参加団体24(うち足利は5団体50名)

平成22年  文化協会設立35周年記念功労者として、齋藤眞惠氏ら2名表彰

平成23年  4代目理事長 齋藤眞惠氏就任
        加盟団体8団体・会員数120名と減少のなか足利の民謡を発掘、披露
        市内の小学生対象に伝統文化こども教室を毎年開催、三味線や民舞を通して伝統文化に触れ
        る機会を積極的に推進

平成24年  草雲美術館にて春の演奏会出演(嘉津久会)
        コムファーストでの文化協会チャリティーのつどい出演(栄鈴美会)

平成25年  織姫神社秋の大祭にて嘉津久会、栄鈴美会、藤乃会が足利の民謡11曲を奉納
        市民ホールコンサートにて嘉津久会、栄鈴美会、藤乃会が出演(市役所本庁舎1階)

平成26年   「第21回両毛五市民謡民舞交流大会」を市民プラザで開催、5巡目のスタート
                 先人から継承した「足利の民謡」と発掘した古謡を合わせると28曲となり、うち17曲をCD収録

平成27年  「足利銘仙古謡フェスタ」を開催し入場者600名、広く市民に披露(市民プラザ)
        「樺崎もうで」に出演、御厨音頭・コキリコ節を披露(樺崎八幡宮神楽殿)

平成28年  親子教室を開催し19回稽古、織姫公民館三味線体験に25名参加
       
平成29年  足利ゆかりの伝統芸能~粋と雅~にて「足利音頭」「織姫音頭」など披露(市民プラザ)

今後も普及啓発のため、身近な公民館事業・市民会館事業や文化遺産地域活性化事業等に働きかける。

加盟団体
  片桐会足利支部
  栄鈴美会
  真幸会
  西崎綠恵美会
  雅厚扇会
  足利藤乃会

  平成30年度活動計画
 4月26日 平成30年度定期総会(助戸公民館)
 5月18日 文化祭プログラム打合せ(踊り付き・足利民謡)(助戸公民館)
 5月20日 足利文化協会まつり チャリティーのつどい( コムファースト)
 6月~10月 第11回伝統文化親子教室の開催(八幡自治会館)
 7月15日 第72回栃木県芸術祭民謡民舞県南予選会(栃木市大平文化会館)
 7
月中旬 両毛五市民謡民舞交流大会第1回打合せ(桐生市文化会館)
 10月上旬 両毛五市民謡民舞交流大会第2回打合せ(〃)
 10月14日 足利市民文化祭(足利市民プラザ)
 11月18日 両毛五市民謡民舞交流大会(桐生市文化会館)    
  1月中旬  新春初顔合わせ
  1月     足利ゆかりの伝統芸能フェスティバル(足利市民会館)
     「出前民謡」足利市内の諸施設に出向き民謡民舞を楽しむ             

矢印 基本情報

団体名 足利民謡民舞連盟
代表者 齋藤 眞惠
電話番号 0284-43-3477
会員数 6社中 99名
設立年月日 昭和45年4月
備考