足利日本画美術連盟

足利日本画美術連盟

矢印 展示部門  絵画(日本画)

沿革
 昭和61年1月 市内の8団体を
        統合し連盟結成
 昭和61年3月 結成総会
        初代会長山田楳径氏を選出
        会員115名
 昭和61年9月 第1回 連盟展開催
        以後毎年7月に開催
 昭和62年以降 連盟展以外に各団体展を
         随時開催
 平成8年 青雲会見目稲子氏、第10回国民文化祭日本画部門文部大臣奨励賞受賞
 平成9年 楳友会川田三郎氏、第11回国民文化祭日本画部門文部大臣奨励賞受賞
 平成11年 新興美術院森信志氏、第49回新興展(東京)文部大臣奨励賞受賞
 平成12年 連盟結成15周年記念展開催
 平成15年 文化講演会 荒井孝氏による「 日本画の制作と材料」
 平成16年 森信志氏、足利市民文化賞を受賞
 平成17年 連盟結成20周年記念展開催及び記念誌「連盟二十年の歩み」発行
 平成19年 佐藤やえ子氏、福島信子氏、第57回新興展にて会友奨励賞受賞(東京都美術館)
 平成20年 森美会二十周年記念会員作品展覧会
 平成24年 川田三郎氏、足利市民文化賞を受賞
 平成26年 白石繁馬氏、新興展にて全日本美術新聞賞受賞
 平成27年 連盟結成30周年記念展「私の足利物語色紙展」開催及び記念誌「連盟三十年の歩み」発行
 
設立からのあゆみ
 山田楳径氏が足利市民を対象とする文化教室の指導をはじめた昭和60年前後、足利市の日本画の全盛期に本連盟を結成しました。以後、小倉芳司氏、岡恒也氏の日本画家を迎え会員120名以上を数える文化団体として活動を続けて来ましたが、指導者や会員の高齢化、新会員の加入減少が免れられない中、日本画制作の努力を続けています。

加盟団体
  楳友会
  新興美術院両毛支部
  森美会
  足利日本画美術同好会
  三和日本画同好会

 平成29年度活動計画
5月20日(土)~21日(日)第33回チャリティーのつどい(コムファースト3階催事場)
7月 8日(土)~ 9日(日)  第32回足利日本画美術連盟展(足利市民会館別館展示室)
11月18日(土)~19日(日)足利市民文化祭日本画展 (足利市民会館別館展示室)
12月 6日(水)~10日(日)第20回両毛五市美術展 (館林市)
 平成30年
1月27日(土)~2月12日(月)足利市民文化祭優秀作品展 (足利市立美術館)
2月17日(土)~3月  4日(日)第10回足利展(足利市立美術館)

矢印 基本情報

団体名 足利日本画美術連盟
代表者 白石 繁馬
電話番号 0284-71-0371
会員数 29名
設立年月日 昭和61年1月
備考