足利美術協会

足利美術協会

矢印 展示部門  絵画(洋画)

沿革
 戦前  井草町大森商会に事務所を
      置き活動
 1947年 足利美術協会結成
      福田喜一、福田章吾、
      三村登四郎、相場英五郎、
      原田五郎、丸山雄三、
      名取 寛、赤羽泰造、
      内山保五郎等、会員35名
 1967年 第1回公募展開催(市民対象)
      以降毎年実施(市民会館別館にて)
 1998年 丸山雄三氏死去、美協存続を誓う、第32回公募展並遺作展(出品数37)
 1999年~2002年 第33回~36回公募展 出品数53、88、91、103と増加
 2003年 公募展賞を検討改善、第37回公募展出品数110点、76名参加 作品の向上
 2004年 第38回公募展130点、87名の盛会
       足利文化協会設立30周年記念功労者として、勅使河原友三郎氏が表彰を受ける
 2005年~2017年 第39回公募展~第51回公募展に至る。大作(規定100号以下)も増え盛会に推移
 2006年 小品展をオモテカメラギャラリーにて開催
 2007年 市民文化祭にて菊地武氏が文化祭賞、斎藤均氏が教育委員会賞を受賞
 2008年 栃木の五月の美術展にて寺崎和枝氏が大賞を受賞
 2009年 第42回美術協会公募展にて89点出品、出品者は市内ほか伊勢崎、沼田、加須、草加より参加
 2010年 名草公民館にて恒例の裸婦写生会を実施、25名参加
 2011年 市民文化祭にて柴宮善広氏が教育委員会賞、鈴木勝彦氏が文化協会賞を受賞
 2012年 栃木県芸術祭美術展にて浜田陽一氏が準芸術祭賞を受賞
 2013年 栃木県より文化振興功労優良団体として表彰を受ける
        栃木の五月の美術展にて三田マリ子氏が大賞を受賞
 2015年 栃木県芸術祭美術展にて齋藤均氏が準芸術祭賞、荻原信幸氏が芸術祭奨励賞を受賞
       足利市民文化賞を荻原信幸氏が受賞
 2016年 第50回足利美術協会公募展にて丘絵都氏が記念大賞を受賞

設立からのあゆみ
発足時  毎週研究会、スケッチ旅行、展覧会
現 在   月例研究会(合評)、裸婦写生会、会員小品展、総会等
会員資格 美協公募展・市洋画展受賞者 中央展県展入賞者それに準ずる者
会員情報 中央展、県展出品者多数(創元会、旺玄会、一線美術、新協展、現代パステル画展、上野の森等)他、個展
その他   文化祭洋画展、チャリティー展、 文化協会研修旅行、各種行事参加協力

 平成29年度活動計画
 
 4月第4日曜日 
       月例会(助戸公民館)・・・毎月同じ
  5月   足利美術協会公募展(市民会館)
        文化協会主催 チャリティーのつどい(コムファースト)
  7月   裸婦写生会(友愛会館)
  8月   足利美術協会小品展(友愛会館)
  10月   足利市民文化祭洋画展(市民会館)
  12月   両毛五市美術展参加(館林市)
  1月   新年会
  2月   足利市民文化祭優秀作品展(市立美術館)
        足利展(市立美術館)
 毎月第4日曜日、月例会(研究会)を開き、研鑽しています。

矢印 基本情報

団体名 足利美術協会
代表者 荻原 信幸
電話番号 0284-43-3378 (服部方)
会員数 30名
設立年月日 昭和22年1月
備考 足利美術協会 ホームページ
http://ashibikyo.com/